プロからアマチュアまで、写真を扱う全てに使えるAdobe Photoshop Elements 15がおすすめ!

アイテム

 
最近ではブログやFacebookなどのSNS関連に写真を投稿する必要が多いのではないでしょうか?instagramにも標準で写真加工の機能が備わっていますし、加工ソフトも多くリリースされていますが、もっと細かく色味を加工したい方や合成写真のような本格的な加工がしたい方も多いと思います。
[adsense]
Photo shopは、デザインのプロも使用している本格的なグラフィックソフトですが、写真の加工であれば初心者でも簡単に使用することができます。もちろん使いこなせばそれだけで仕事を受注できるほどに可能性は無限大です。

Adobe Photoshop Elements 15

81qym7p6v1l-_sl1500_
「Adobe Photoshop Elements 15」はアドビシステムズという数多くのデザインソフトを販売している会社のデザインソフトで、多くのグラフィックデザイナーやイラストレターに愛用されている本格派ソフト「Photoshop」の廉価版に位置付けされる商品です。
Photoshop Elementsは画像編集に特化したデザインソフトで、スタイリッシュ且つ多機能で簡単な色味の編集から画像の合成を駆使してオリジナルな画像を作ることができます。その用途はフライヤーデザインや雑誌の表紙用写真の修正などに使用されていることでも有名です。
Photoshop自体はたしかに一般的な感覚からすると決して安価なソフトではありませんが、デザイン現場で実際に使用されているソフトを使用できることを考えれば十分に価値はあるでしょう。

PhotoDirector 7 Ultra

61biuoihy-l-_sl1000_
安価に画像編集を行いたいのなら、「PhotoDirector 7 Ultra」がオススメです。シンプルで使いやすくPhotoshopよりも直感的に作業が行うことができます。「オブジェクト削除機能」で不要な対象物をマウスでなぞるだけで簡単に写真から取り除くことができる上、削除部分を自動の修復機能で自然な仕上がりに見せることができます。また、ぼかしツールも備わっており、スマートフォンや安価なデジタルカメラで撮った写真も、まるで一眼レフで撮影したような本格的な仕上がりすることができるなど十分過ぎる機能が備わっています。その他、簡単な色彩調整や傾きなどの調整、各種エフェクト機能など、「この価格でここまでの機能が備わっているのか!」と驚くほどにコスト・パフォーマンスの良い製品です。まずはこのソフトから試し、更に本格的な機能を使いたくなった際にPhotoshopを購入するのが一番良い方法では無いでしょうか?正直私も、当時この製品があったなら先に買っていたと思います。

ビジネスで使えるデジカメ編集・加工・管理3

81kvm2hxzl-_sl1000_
「機械音痴でパソコンの操作が苦手!」「とにかく簡単に!」という方に是非オススメしたいのが「ビジネスで使えるデジカメ編集・加工・管理3」です。マニュアルを読む必要が無い程に簡単な操作でお手軽に写真サイズの変更・画像の切り取り・コラージュ・明るさ調整などができます。また、簡単な文字や記号を入れる事もできますので、会社の資料作成やにも役に立つでしょう。こちらのソフトはデザイン向けというよりは、ビジネスシーンでの活用を念頭に置いたソフトになっております。特に便利なのは、既にパソコンに入っている写真やUSBや外付けハードディスクの写真を一覧で表示し、写真サイズの一括変更(ハガキやL判サイズなど)や各種編集できるということです。画像の編集ソフトは基本的に1枚1枚読み込み〜保存をしないといけないので、手軽にできるのは大きなメリットです。編集する写真の枚数が多い方や、会社のパソコンで不特定多数の人と共有して使用したい場合は、複雑なデザインソフトよりもシンプルに使用できるこちらのソフトをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました