1980円の電気ストーブ(TEKNOS ES-K710)が、意外と温かくて買って正解だった話

アイテム

省エネでいかに寒さを凌ぐかがテーマ

今年の冬は寒いと言われています。
しかし光熱費の料金単価は上がる一方で困ったものですね。
だから我が家も「部屋中温める」のはやめて、「自分だけ暖まる」ように方向転換しています。
まずは、家族はできるだけリビングに集結し、コタツで暖をとること。くつろいでいる時間は、ほとんどこれで問題ありません。ウチは4人家族なのでコタツの中での陣取り合戦がありますが、それもスキンシップということで、家庭は円満ですよ。
しかし、コタツから出て何か作業(デスクワークとか料理とか)する時はどうしても寒いです。エアコンもストーブも無しだからメチャクチャ寒い。
こりゃさすがにどうしようもない、ってことで「なるべくお金をかけずに暖まる」というコンセプトに基づき、必要な時だけつけるだけの小型電気ストーブを購入することにしました。

我が家が購入したのはこれ

denkistb
TEKNOS 薄型デザイン 温度2段階切替式 電気ストーブ ES-K710(W)
選んだ基準は、はっきり言って「一番安いヤツ」。
価格は

1,980円

でした(僕が注文した時は)
完全にコスト重視で割り切っていたので、もし外れ商品だったとしてもいいやと思いながらの注文でした。

 あれ、これ結構温かいかも!

商品が届き、組み立て(といってもお皿のような台座を取り付けるだけ)をしてコンセントに差し込んでみます。
本体にはつまみが付いていて、400Wと800Wの2段階の切り替え式になっています。とりあえず800Wでスイッチオン!
だんだんと赤くなってきて前面が温かくなってきます。
「おーいいね」といいながら本体から15センチ位のところで足を温めていると、温かいというより「熱い」ほどになってきます。思っていたより威力があります。たぶん食パンとか焼けるかもしれません(未検証ですがw)。もしやと思い調べてみると、やっぱりこれを製造している会社でオーブントースターも作ってました。
何より薄くて軽いので(奥行き16.7cm重量1.5kg)自分の行く先に簡単に持ち運びできるのも魅力です。
安全面では、転倒すると電源がオフになる装置がちゃんと付いているので安心です。

気になる電気代は?

いくら本体が安くても、ランニングコストが高いようなら本末転倒です。
資料によると、400Wの場合1時間あたり9円前後、800Wの場合は1時間あたり18円前後のようです。
1日10時間800Wで使用するとして(ウチはそんなに使いませんが)、1日180円、30日なら5400円です。
ちなみに我が家は1日2時間程度しか使いませんので、1日36円、30日で1080円という計算になります。
計画的に使用してピンポイントで暖まれば、節約にもなると思います。最近は着る毛布など、光熱費のかからないアイテムも充実していますから、併用すればより効果的ですね!
あまりに安いので、ひそかに自分専用に2台目も狙ってますw
[amazonjs asin=”B005NEYQE4″ locale=”JP” title=”TEKNOS 薄型デザイン 温度2段階切替式 電気ストーブ ES-K710(W)”]
[amazonjs asin=”B005XUWEII” locale=”JP” title=”大人気のマイクロファイバー製 暖かい! 着る毛布 洗える袖付ブランケット fu-mo PREMIUM (フーモ プレミアム) ブラウン FU-MO-0011-BR”]
 
 

タイトルとURLをコピーしました