法テラス無料相談を利用した後、別の弁護士に依頼してわかった事

ブログ

5c63ababa005f2545a309e26d4ca1a38_s
以前、私はちょっとしたトラブルに見舞われ、精神的にもかなり追い込まれた時期がありました。
法律的な知識もほとんど無いところに、相手が法的手段に訴えるポーズを取ってきたため、止むを得ず弁護士に相談することになったのです。

弁護士を雇うといくらかかるのかもわからない

まず、いきなりわからないのが弁護士費用です。ネットで手に入る情報を検索しまくりましたが、何となく相場がわかったようなわからないような感じ。事例によって費用も変わるのでしょうが、当時は手持ち資金も無く、なるべく少ない費用でなんとかならないかという状況でした。

1回目は無料で相談できる「法テラス」は、新人弁護士がアドバイスしてくれたが・・

そこで見つけたのが「法テラス」という無料相談サイトでした。1回目は無料で相談できるという点で、自分にピッタリだと思いました。私はすぐに相談の予約をして、提携先?の弁護士事務所へ足を運びました。
その弁護士事務所はそこそこの規模だったように思いますが、出てきたのは司法試験を受かったばかり(と本人が言っていた)の新人でした。突っ込んだ質問をした時に「それは司法試験でも出ないジャンルなので調べておきます」と言われたのが印象的でした(結局調べた結果の連絡はありませんでした)。
正直「この人で大丈夫か?」と思いましたが、無料ということは結局こういうことなんだなという思いもあり、結局その弁護士事務所に依頼するのは止めることにしました。後に聞いたのですが、あまり弁護士事務所をハシゴするのは良くないようで、「何処何処の何々先生に相談した」というと、良い顔はされないようです。

弁護士も相性があるし、クライアント側に選ぶ権利があるはず

次に相談した先生は、身近な人の紹介でした。割と若い先生でしたが、正義感が強く、こちらの話を丁寧に聞き「(相手を)そいつはとんでもない奴ですね!」と憤ってくれました。わからないことは、はっきりとわからないと言い、その場ですぐに六法全書を引き出す様は、本当に頼もしく見えました。
結局この先生にお願いすることにし、着手金として30万円程支払いました。
その後の顛末はここでは書きません。
はっきり言って私の場合は、弁護士的にはあまりお金にならない案件だったと思います。弁護士だって慈善事業ではありませんから、もっとオイシイ仕事を積極的に受けに行くはずです。友人の例では、大きな案件はもっと上の「大先生」が出てきて、弁護士間の力関係で相手の弁護士を抑え込むこともあると言っていました。当然、報酬額もそれなりに高額になるそうですが。
つまり、私のように金のない人間が弁護士を最低費用で雇うと、若手とか経験値の少ない弁護士が付くというわけで、裁判などの場では不利になるのではないか、との思いも巡るわけです。
世の中やはり金を持っている人間が強い、ということを身にしみて感じた体験でした。
今回は私の体験談なのでオチがなくてごめんなさい!
それでは!

タイトルとURLをコピーしました