防災用に人気の非常食7選!キーワードは安くて安心。

住まい

今日は防災の日にちなんで非常食の人気ランキングをご紹介します。
とてもたくさんの種類の非常食が販売されていますが、人気の商品はやはりリーズナブル。でもせっかく備蓄するなら、安心で、できれば美味しいものを選びたいものです。
うちも3.11以降、非常食や防災グッズを常備するようにしていますが、食品や飲料水は知らないうちに賞味期限が切れてしまったりして結構管理が大変です。
カレンダーなどに賞味期限が切れる日を記載して、こまめにチェックしたいところですね。
では、人気の非常食を見て行きましょう

1位 ミネラルウォーター

[amazonjs asin=”B0089873LE” locale=”JP” title=”2CS 四季の恵み 自然湧水 岐阜・養老 (2L×6本)×2箱”]
なんと言っても飲み水はいちばん大切です。煮炊きなど、災害時は色々な用途で使える分、お茶などよりもただの水が良いですね。
ミネラルウォーターも様々あり、原発事故以来どこで湧いている水かにもこだわる方も多いようです。
1流メーカーの水が必ずしも一番、というわけでもなさそうです。
しかし、いざ災害時となれば、あっという間に売り切れ必至ですから、常に必要量を備蓄できるように心掛けましょう。
ちなみに一人当たり必要な水の量は3Lが目安です。
つまり4人家族なら1日12L、3日分で36Lです。1週間なら84リットルですから、2Lのペットボトルが42本。6本入りのケースで7箱というところでしょうか。
結構多いですね。

2位 カップ麺

[amazonjs asin=”B00E9OII1G” locale=”JP” title=”日清 カップヌードル保存缶 69g×2食入”]
お湯を注ぐだけの手軽さと、寒い時期には温かいスープがありがたいです。
コンビニで人気の有名ラーメン店のものよりも、日清のカップヌードル的なシンプルなスタイルが人気ですね。
老若男女、みんなが大好きカップラーメン。
うどんやそばも少しあると飽きずに食べられそうですね。

3位 カロリーメイト

[amazonjs asin=”B0012UFFRU” locale=”JP” title=”大塚製薬 カロリーメイト ブロックチョコレート 4本×30個”]
意外と人気なのが仕事中の空腹の友でもあるカロリーメイト。
おそらく人気の秘密はバランスの取れた栄養にあるのではないでしょうか。
しかもサッと食べられるのが緊急時にも向いているのかもしれません。
できれば3種類の味を揃えておくと飽きずに食べられます。

4位 保存用ごはん

[amazonjs asin=”B008CVF6HQ” locale=”JP” title=”ウーケ ふんわりごはん 特盛り国内産100% 300g×24個”]
日本人なら欠かせない毎日のごはん。災害時でも白いお米が食べたいですね。
CMでお馴染みのサトウのごはんのようなスタイルのパック型のものは、表示上6ヶ月程度は保存できます。
火が使えない環境などで、水やお湯を注ぐだけで食べられる「アルファ米」もあると便利でしょう。

5位 レトルト食品

[amazonjs asin=”B00B5NX9JA” locale=”JP” title=”グリコ 常備用カレー職人 中辛 200g×10個”]
レトルトの代表格と言えば、なんと言ってもカレー。
ごはんにもパンにも麺にも合って、子供からお年寄りまでおいしく食べられる非常食の定番です。
加熱しなくてもそれなりに食べられるのも嬉しいポイントです。
カレーだけでなく、親子丼や中華丼など、色々なレトルト食品のバリエーションを備えておくと非常食ライフも飽きないかも?!

6位 インスタント味噌汁

[amazonjs asin=”B0049KXF4K” locale=”JP” title=”アマノフーズ フリーズドライ 味噌汁みそ汁豪華20種類40食セット”]
寒い朝などは、お米のご飯についていると嬉しいお味噌汁。
インスタントは粉末で場所も取らず、日持ちもしますので、是非たくさんストックしておきたいところです。
お湯さえわかすことができれば、手軽に温かいスープを飲むことができます。

7位 ビスケット類

[amazonjs asin=”B003SX037Q” locale=”JP” title=”ナビスコ リッツ 保存缶S (44g×3P)×10個”]
非常用ビスケットの代表格と言えばカンパンですが、最近ではさまざまな商品があります。
小さいお子様がいる場合は「ビスコ」の保存缶なんかがおすすめです。
個人的には「RITZ」の缶を置いています。
備えあれば憂い無し。天災は忘れた頃にやってくる。
いざという時に困ることの無いように、万全の体制で日々過ごしたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました