『すのこ』を使ったお手軽収納術を3つご紹介!

住まい

92fa97aea2d50a22cb5772eab2090780_s
今日の工夫アイテムは『すのこ』です。
ほとんどの人は押入れのふとんの下などに敷いて使っていると思いますが、これ以外にもかなり使えます。
[adsense]
今は『すのこ』は100均にも売っていて、非常に手軽に入手できます。また組み合わせてペンキで自分の好きな色に塗り替える事も出来るので、子供のおもちゃを可愛く収納する入れ物も作ることができます。

すのこで作るおもちゃ箱

小さいすのこを立てて、2枚向かい合わせにします。
すのこの足に渡すように板を置いて100均の留め金で止めたら、これだけでも棚っぽくなるのですが、上段、中段、下段と同じように取り付けていって更に収納性を高めます。最後に子供の好きな色をペンキで塗りましょう。
棚には100均で売ってる小さいかごを置いて、その中におもちゃを収納すると取り出しも便利になります。
横にもフックを付けて物を掛けられるようにすると、そこでおままごとなどをして遊ぶこともできます。収納ボックス兼おもちゃにもなるわけです。

すのこで作るスリッパ収納ラックや引っ掛けタイプの壁収納

スリッパの置き場所って意外と難しい場合がありますよね。玄関で邪魔にならないようなラックをすのこで作ってみましょう。
すのこの隙間がちょうどいい具合でフックの引っかけ穴になるので、使わないクリーニングなどでもらう細いタイプのハンガーを捻じ曲げて、マスキングテープで巻いて見た目を良くして、スリッパを引っかけるだけで完成です。
多肉植物の寄せ植えなどをオシャレにディスプレイしたい場合にも、すのこが活躍してくれます。
すのこを横長にしてフェンスに結束バンドで固定しましょう。
すのこにフックで色々と引っ掛けて吊るすだけです。手作りのリメイク缶などで作った鉢を引っかけると更に雰囲気が良くなります。
賃貸住宅の場合などは、簡単に外せる状態でないといけませんのでこの方法はおすすめです。あまり強度はありませんが、3個位なら掛けられますよ!
[amazonjs asin=”B00HUOJ74Y” locale=”JP” title=”桐 押入れ すのこ 2枚組 ワイド 750x750x30mm”]

タイトルとURLをコピーしました