「おやすみまえの365話」毎晩寝る前の読み聞かせに。短時間で終わる話がぎっしり

学習・文房具

童話等を1冊づつ買うのはとても大変で置き場所にも困ります。小さなお子さんがいる家庭では、子どもの教育のためにも、童話や昔話などの幼児用の本を買ってきて、子供さんに効かせてあげているお家も多いと思います。

我が家も例に漏れず子供の想像力を向上させたり、言葉の意味をしっかりと理解させたいと思って、童話や日本の昔話をたくさん買ってきて子供に読んで聞かせていました。でも、1冊づつ買うと、本の量がたくさんになってきて置き場所に困りますし、本棚に取りに行くのも面倒になってきてしまいます。

出来る事なら一冊でたくさんのお話を聞かせてあげることが出来て、寝る前の短時間でも読み聞かせた上げることが出来る本が無いのかなとずっと思っていました。

2015-09-17 22:29:41 +00001

365話を1日一話ずつ読んで聞かせる

お話がたくさん詰まった幼児向けの本が無いものかと悩んでいた時に出会ったのが、ナツメ社の「おやすみまえの365話」でした。この本がおすすめな理由は、365話を1日一話読んで聞かせてあげて、年間で365話を読み終えると言う構成になっていて、とてもたくさんのお話が詰まっているという事です。しかも、本の中に記載されている物語は、お話が1ページから2ページの要領で要約されているので、物語の大きな流れを理解すると言う形で、たくさんのお話のストーリーを大まかに知ることが出来るのでとても便利です。

しかも、中に掲載されているお話しは、日本の昔話から世界中の童話などたくさんのお話が掲載されていて、1冊ずつ読んでいたのではとても、知ることが出来ないようなお話も短くして記載してくれています。

1冊の本を読むのは大変時間がかかりますが、この本だと子供が寝る前の短時間に読んで聞かせてあげるだけ一つのお話の概略をつかむことが出来てしまいます。

お値段もそれほど高くないので、1冊づつ本を購入するよりもずっとこちらの方が効率がよく、一番子供に伝えたいところが記載されているので、長々とお話しするよりも子供に伝わりやすいという事も特徴です。

子どもが言葉をたくさん覚えて、ひらがなや漢字も得意になりました

この本を購入して、子どもに読み聞かせるようになってから、子どもが明らかに言葉をたくさん覚えるようになりました。読んでいる時もしっかりと話の内容を注意して聞いてくれていて、物語の要点がわかりやすいので、子どもも楽しく聞けているようです。しばらくすると、子ども自身が本をもって読むようになりましたが、この本のすべての漢字にはフリガナが記載されているので、漢字がたくさん使われているのですが、子どもでもフリガナをみて読むことが出来て、次第に漢字の意味を理解するようになるという効果もありました。

この本のおかげで今でも子供は読書が大変好きで、小さい割には、言葉を良く知っていますし、物事を理解するのがとても速くなりましたが、小さいころからこの本を読み聞かせていた効果が出ていたんだと思います。

この本1冊あれば、寝る前に事足りるので本屋さんに本を買いに行く必要が無くなったのでとても助かっていて今では寝る前には絶対に欠かせないアイテムになっています。

子どもの理解力や読解力を伸ばしたい人にはとてもおすすめです

子供を小さいうちから読み書きがきちんとできるように育てたい、たくさんの言葉を覚えてもらいたいと思っている人には、この本はとてもお勧めです。たくさんの物語が紹介されているので、子どもも飽きがこないので、長く読んでいることが出来ますし、自分で読むようになればたくさんの言葉や文字を覚えていってくれます。

勉強しなさいと言うと子どもは反抗しますが、この本は、楽しみながら勉強につながるとてもおすすめなアイテムです。

[amazonjs asin=”4816351183″ locale=”JP” title=”新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365 (ナツメ社こどもブックス)”]

関連記事:幼稚園から低学年までの読み聞かせ絵本、定番人気のおすすめ14選

タイトルとURLをコピーしました