お掃除がしやすい電子ケトル、高齢者にもおすすめの「TIGER製PCH-A080」

アイテム

電子ケトルの中って、以外と掃除しにくいものが多いですよね。入口が狭かったり、中に凹凸があったりして上手く洗えない、なんていう商品もあります。
今回我が家が電子ケトルを買い換える際に重視したポイントは以下の通り。

  • 高齢者の母親がわかりやすく、使いやすい
  • お手入れが楽

今までは、毎日お茶を入れるのにヤカンで沸かしたお湯をポットに詰めて使っていました。しかし夕方には冷めて使えないし大きなポットは重くて使いにくいという理由から、その都度沸かせる小さ目の電気ケトルを探していました。今回購入した商品と、購入の際比較した商品をご紹介します。同じように検討しているどなたかのご参考になれば幸いです。
[adsense]

TIGER電気ケトルPCH-A080

61xZT2KRFxL._SL1200_タイガーの電子ケトル「PCH-A080」を購入したわけですが、こちらは0.8リットルというサイズが我が家にぴったりで、重さも1キロちょっとで年配の家族にも持ちやすいことが決めてになりました。
なにより良かったのはデザインです。外見はすっきりと円筒形で余分な飾りが無く、我が家は黒を買ったのですが、和室に置いてもよく馴染み、違和感がありません。食事の時に使うものなので、毎日外回りを拭いて清潔さを保っています。
蓋もほぼ平らで、つまみとボタンがあるだけですが、このシンプルさが年寄りには使いやすいと評判です。愛想の無いデザインなのですが、これがかえって良いと思いました。お湯を出すためのボタンと蓋を開けるためのつまみと、間違いを起こさないための配慮かと思います。
中に凹凸が無いのも、とても嬉しいポイントです。水量の目盛りが見やすいですし洗いやすいです。飲むお湯を沸かす場所なので何日かに一度はどうしても洗いたいのですが、その際内側にデコボコが少ないのは助かります。蓋の裏にも余分なでっぱりはないので拭いて掃除ができます。他社の製品にはその部分に樹脂の部品が露出していたり、掃除しにくいでっぱりがいろいろあったりするものがありました。そこに部品があると、お湯を沸かした時の水蒸気が水滴になっていつまでも残るので気になるのです。こちらはそういう心配はいりません。
目盛りまで水を入れて、ふたを閉める、カチッと音がすれば閉まったことが確認できます。お湯を沸かしている間はランプが点き、沸けば消えます。こんな分かりやすさが、特に年配の人が使うには心強いです。以前の電気ケトルは沸くとき蒸気が噴出していましたが、これは蒸気レスで安全です。
湯沸しの時間もヤカンに比べればはるかに早く、スイッチを入れて沸かしたのを忘れて放置してしまっても、自動でスイッチが切れるので心配ありません。ポットを倒してしまってもお湯がこぼれにくい設計になっているのでこれも良かったです。朝まとめて沸かしていたのをその都度沸かすようになり、重いヤカンを持ち上げなくてよくなって負担も減りました。とても良く考えて作っていただいていると感謝しています。

象印電気ケトルCK-HA08-PA

41UYyBWBauL他の物に比べて取っ手がとても持ちやすく、全体の形も安定感があり、注ぎ口の形も気に入りました。容量も1.8リットルでぴったりでした。
取っ手の上に給湯のレバーが付いているので離せばロックできるようになっているのですが、手が小さくて力の弱い母にはこれが不評でした。重いポットを持ちながらレバーを握るのが辛いそうです。
外からお湯の量が分かるように胴体に窓が付いているのは便利です。最初水を入れる時だけでなく、途中お湯が足りるか確認するときに蓋を開けずに済むからです。

ティファール 電気ケトルBF8061JP

61BH9YgtWLL._SL1000_最初に検討したのがこちらでした。とても軽くて持ちやすく、安定感のある形です。蓋も取り外しやすいです。
ティファールのケトルは蓋裏や本体内側に樹脂部品が露出している所があり、それがお湯に触れる部分でした。問題ないはずですがやはりそこは金属が良いです。蓋裏に凹凸がたくさんあるのも気になりました。いつまでも水滴が残ってしまいます。
本体が倒れると蓋をしていてもお湯がこぼれるので、こちらは断念しました。そのあたりは年配者の日本人好みではないかなと、個人的に感じました。

タイトルとURLをコピーしました