【レビュー】OLYMPUSミラーレス一眼の最上位機種「PEN E-P5」が渋カッコよすぎておすすめ

アイテム

今まで私はフィルムカメラをプライベートでも仕事でも使っていました。写真家としての作品作りはニコンのF5やハッセルブラッドを使っていました。
しかし、だんだんとフィルムカメラはオールドファッションになって、デジタルカメラが主流になり、私もデジタルカメラを使うようになりました。
最初はコンパクトデジカメを使っていました。ニコンのCoolpixを使っていましたが、古くなったので、キャノンのIXT640に買い換えました。それまで9年ニコンを使っていましたが、その時9年の間にデジカメはすごく進歩していることに気づいたのでした。そしてやっと、デジカメの一眼レフが欲しいと思うようになりました。
[adsense]

Olympus、E-P5との出会い

81ixMHJn3rL._SL1500_

しかし、フィルムカメラのニコンF5のような大きな一眼レフのカメラはもう使いたくないと思い、ミラーレスのカメラを探しました。
最初はキャノンのM3を買おうかな、と思ったのですが、色々な情報を調べていくうちに、どうもオリンパスが良さそうだな、と思いはじめていました。
私は根っからのニコン派だったので、オリンパスのカメラを使ったことはありませんでした。しかし、説明書を読めば読むほどオリンパスに魅かれるようになりました。オリンパスのE-P5のシルバーが見た目もかっこいいし素敵だと思いました。デジカメの多くは液晶画面でしか画像を確認できないのですが、このオリンパスのE-P5にはビューファインダーが付属で付いていて、そこもこのカメラを選ぶことの理由の一つになりました。それに、フラッシュが内蔵されているところもこのカメラを選ぶ大きな理由になりました。
実際に使用してみると、非常に使いやすく、適度な重さがあって、コンパクトで持っているだけでもかっこいいのです。有効画素数は1605万画素で申し分なく、革のストラップをつけるととても似合って、写真を撮るのが楽しくなってきます。
オリンパスのミラーレスカメラの中でもPEN-Fに次ぐ高品質のカメラだと思います。アートエフェクターも揃っていて、いろいろな写真を撮ることができるので、創作意欲が湧いて、いい写真をたくさん撮ることができでいます。最近はどこへでも持ち歩いて出かけ、すっかり手放せないアイテムになっています。

オリンパス、Lite E-P5ダブルズームキット

81QmRG-9THL._SL1500_

購入時に比較したカメラのひとつがこれでした。オリンパスE-P5に比べると色が白で安っぽい感じがしました。ダブルズームキットなので、広角から望遠までをカバーするということですが、私はズームレンズをあまり好みませんし、使うことがあまりなさそうなのでやめました。
フラッシュが内蔵されていなくて、付属品としてつけることができるのですが、いちいちフラッシュを外付けするのが面倒だな、と思いました。
ズームレンズが2本付いて、値段はE-P5よりも安かったのですが、それだけの魅力に達しませんでした。

オリンパス、PEN E-PL7 14-42mm EZレンズキット シルバー ミラーレス一眼 E-PL7 EZ LKIT SLV

915RC+raSWL._SL1500_

オリンパスの14mm-42mmのズームレンズキットのカメラです。このタイプは自撮りができるようになっています。液晶画面がくるりと前を向いて、自分を自分で撮る時にとても便利なのです。しかし、私は自撮りをすることがほとんどないので、その機能は必要ないな、と思いました。
同じシルバーですが、やはりE-P5の方がカメラとして魅力的で、こちらのズームキットを買う気にはなれませんでした。ライトはもっとアマチュア向けのタイプのようです。

タイトルとURLをコピーしました